自転車の現在地
I'm Here!!!

ROUTE

Total 1811.73km
8th DAY

走行距離 278km

@Olancha, California

日本:2022年9月26日
USA:9/25, 2022

7th DAY

走行距離 181.4km

@Bridgeport, California

日本:2022年9月25日
USA:9/24, 2022

6th DAY

走行距離 234km

@Reno City , Nevada

日本:2022年9月24日
USA:9/23, 2022

5th DAY

走行距離 290km

@Adin, California

日本:2022年9月23日
USA:9/22, 2022

4th DAY

走行距離 82.48km

@Chemult, Oregon

日本:2022年9月22日
USA:9/21, 2022

3rd DAY

走行距離 232.95km

@Oakridge, Oregon

日本:2022年9月21日
USA:9/20, 2022

2nd DAY

走行距離 258.3km

@Newberg, Oregon

日本:2022年9月20日
USA:9/19, 2022

1st DAY

走行距離 254.6km

@Spanaway, Washington

日本:2022年9月19日
USA:9/18, 2022

CHALLENGE in NORTH AMERICA#3

北アメリカ大陸縦横断への挑戦 第三弾

world_map

2022年9月18日よりアメリカ大陸を自転車で縦断&横断する計7000kmの旅に再び挑みます。
三度目の挑戦。応援してくれたら嬉しいです。

START
縦断スタート地点

ワシントン州スーマス(カナダ国境)
START @Sumas, Washington

日本:2022年9月18日 PM10:20
USA:September 18, 2022 AM6:20

GOAL
縦断ゴール地点

カリフォルニア州サンディエゴ(メキシコ国境)
GOAL @San Diego, California

横断スタート地点

カリフォルニア州ロサンゼルス市庁舎(西海岸)
START @Los Angeles, California

横断ゴール地点

ニューヨーク(東海岸)
GOAL @New York

GUINNESS
WORLD RECORD

39days+23:45
Glen Burmeister(UK)
Sumas → Border Field State Park in California → New York

CHALLENGE in NORTH AMERICA#3

北アメリカ大陸縦横断への挑戦 第三弾

world_map

2022年9月18日よりアメリカ大陸を自転車で縦断&横断する計7000kmの旅に再び挑みます。
三度目の挑戦。応援してくれたら嬉しいです。

START
縦断スタート地点

ワシントン州スーマス(カナダ国境)
START @Sumas, Washington

日本:2022年9月18日 PM10:22
USA:September 18, 2022 AM6:22

GOAL
縦断ゴール地点

カリフォルニア州サンディエゴ(メキシコ国境)
GOAL @San Diego, California

横断スタート地点

カリフォルニア州ロサンゼルス市庁舎(西海岸)
START @Los Angeles, California

横断ゴール地点

ニューヨーク(東海岸)
GOAL @New York

GUINNESS
WORLD RECORD

39days+23:45
Glen Burmeister(UK)
Sumas → Border Field State Park in California → New York


FACE BOOK

フェイスブック


TWITTER

ツイッター


INSTAGRAM

インスタグラム

PARTNER

パートナー

Road bike

“CARBONEX" by YONEX

Sunglasses

“Devor” and Helmet “Ventral Lite" by POC

Ambassador

“Velobici”

SAKIGAKE PROJECT

サキガケプロジェクト

自転車で五大陸を最速で走りきる。
元フリーターが挑む、人生逆転の大勝負。
「挑戦することで得られる、新たな出会いと経験が人生を豊かにする」

サキガケプロジェクトは、
五大陸に存在する“縦横断のギネス最速記録”全更新に挑み、
挑戦の意義を伝えるプロジェクトです。 

2018年には日本縦断の挑戦がギネス世界記録に認定。
チームをはじめ、家族や親戚、多くの応援団のパワーで走ることができました。
いっきにゴールにはつけない。この一漕ぎ一漕ぎは人生そのものです。